TV、BS

今月(1月)、お薦めするBS放送

LINEで送る
Pocket





今年(まだ)は、顎関節症、ヘルニア等、病気に振り回された年でした。
来年こそは、いい年にしたいです。
BS衛星映画劇場でも年末年始らしい作品が登場します。


『風とともに去りぬ』
1月3日(木) 午後8:00~11:47

マーガレット・ミッチェルの大ベストセラーを原作に、空前のスケールで製作された映画史上に輝く不朽の名作。南北戦争を背景に、ジョージア州アトランタの大地主の長女スカーレットの波乱万丈の生き方をダイナミックに描き、アカデミー作品賞、監督賞、主演女優賞、助演女優賞、脚色賞、美術賞、編集賞、撮影賞、特別賞、そして製作のセルズニックが映画への貢献をたたえるアービング・サルバーグ賞を受賞した。
<作品情報>
(原題:GONE WITH THE WIND)
〔製作〕デビッド・O・セルズニック
〔監督〕ビクター・フレミング
〔原作〕マーガレット・ミッチェル
〔脚本〕シドニー・ハワード
〔撮影〕アーネスト・ホラー ほか
〔音楽〕マックス・スタイナー
〔出演〕ビビアン・リー、クラーク・ゲーブル、レスリー・ハワード、オリビア・デ・ハビランド、ハティ・マクダニエル ほか
(1939年・アメリカ)

いわずと知れた名画。3時間を越える大作ですが、年始の休みにじっくり堪能してみてはいかが?

『サウンド・オブ・ミュージック』
1月4日(金) 午後8:00~10:56

オーストリアからスイスをへてアメリカに亡命し、家族合唱団となったトラップ・ファミリーの実話をもとにしたブロードウェーのヒット・ミュージカルを「ウエスト・サイド物語」の巨匠ロバート・ワイズが映画化。「メリー・ポピンズ」とともに、ジュリー・アンドリュースを世界的大スターにした名作。アカデミー作品賞、監督賞、音響賞、編集賞、編曲賞を受賞。
<作品情報>
(原題:THE SOUND OF MUSIC)
〔製作〕ソール・チャップリン
〔製作・監督〕ロバート・ワイズ
〔原作〕ハワード・リンゼイ、ラッセル・クラウズ
(作曲:リチャード・ロジャース 作詞:オスカー・ハマースタイン2世)
〔脚本〕アーネスト・レーマン
〔撮影〕テッド・マッコード
〔出演〕ジュリー・アンドリュース、クリストファー・プラマー、エリノア・パーカー ほか(1965年・アメリカ)

『殯の森』
1月14日(月) 午後9:05~10:43

記憶が失われ、行動が常識とずれてしまう認知症。だが根幹にある感情はなくならない。当たり前のことが当たり前にできなくなった相手と心通わせることはできるのだろうか。亡き妻を思い続ける認知症の初老の男と、彼を施設で介護する、子を失った傷心の女。迷い込んだ森の中で、それぞれの思いを静かに交錯させていく魂の物語。監督は河瀬直美。2007年の第60回カンヌ国際映画祭で審査員特別賞受賞。

<作品情報>
〔製作・監督・脚本〕河瀬直美
〔撮影〕中野英世
〔音楽〕茂野雅道
〔出演〕うだしげき、尾野真千子、渡辺真起子、斉藤陽一郎、ますだかなこ ほか
(2007年・日本/フランス)

監督の名前は、カンヌ映画祭グランプリ受賞のニュースによって知った人も少なくないのではないでしょうか。そういう僕も、ニュースで初めて知りました。
地道な活動をなさっていたようで、僕の映画仲間は、知っておりました。
ちなみに、グランプリとは、一見、最も栄誉がある賞のように聞こえますが、最高賞はパルムドール賞だったはず。

『イムソムニア』
1月25日(金) 午前0:40~2:39 (24日深夜)

アル・パチーノ、ロビン・ウィリアムス、ヒラリー・スワンクと3人のオスカー俳優が共演したサスペンス・スリラー。「メメント」で注目されたクリストファー・ノーラン監督が、24時間太陽が沈まないアラスカの町で起きた猟奇殺人事件の捜査に挑む刑事の苦悩と犯人との心理対決をスリリングに描く。ロビン・ウィリアムスが初の悪役に挑み、穏やかな笑顔の下に狂気を隠し持つ男を不気味に演じている。

<作品情報>
(原題:INSOMNIA)
〔製作〕ポール・ユンガー・ウィット、エドワード・L・マクドネル ほか
〔監督〕クリストファー・ノーラン
〔脚本〕ヒラリー・サイツ
〔撮影〕ウォーリー・フィスター
〔音楽〕デビッド・ジュリアン
〔出演〕アル・パチーノ、ロビン・ウィリアムス、ヒラリー・スワンク ほか
(2002年・アメリカ)

クリストファー・ノーラン監督の前作の『メメント』が時間軸を逆上りながら進行するという割と面白い作品であったので、劇場に観に行ったのですが、この作品は、なんともいえない作品でした。
次作の『バットマン ビギンズ』は、割と面白い作品でした。
多分この『バットマン ビギンズ』だったと思いますが、CMでやたら渡辺謙が出てるシーンが多かったのですが、ほとんど渡辺謙が現れず、ガッカリした覚えがあります。

『東京流れ者』
1月28日(月) 午後1:00~2:23

不死鳥の哲こと本堂哲也は、カタギとなり恋人との結婚を決意していた。だが、対抗組織とのもめ事が起こり、彼は事態を収拾するため一人東京を追われる。各地をさすらうやくざ稼業の男の哀愁を、ハードボイルド風の東京編、任きょう物の新潟編、コメディー・タッチの北九州編というオムニバス映画のような構成で、ヒット主題歌「東京流れ者」にのせてミュージカルさながらに描いた、鈴木清順監督の映像美がひかる異色アクション。

<作品情報>
〔企画〕仲川哲朗
〔監督〕鈴木清順
〔原作・脚本〕川内康範
〔撮影〕峰重義
〔音楽〕鏑木創
〔出演〕渡 哲也、松原智恵子、二谷英明、吉田 毅 ほか
(1966年・日本)

鈴木清順監督の日活時代の作品。
日活時代の鈴木清順監督の作品は、よく知らないのですが、僕は、あまり有名作品ではないのではないかと思います。
ちなみに、清順監督が日活をくびになったのは、当時の日活の社長から「あまり訳の分からない作品ばかりとられても困る。」といわれたからとか。

僕は、80年代頃、始まった『ツィゴイネルワイゼン』『陽炎座』『夢二』の大正三部作を面白く観てました。
ただ、01年の『ピストルオペラ』は、つまらない作品でした。

そして、アカデミー作品・監督賞を受賞した『ディパーテッド』の元ネタである『インファナル・アフェア』シリーズが、怒涛の勢いで一挙、放送。




『インファナル・アフェア 無間道』
1月28日(月) 午後9:00~10:42

潜入捜査官として香港マフィアの世界に身を置くヤン。一方、マフィアのボスの命令で警官となったラウ。10年後、それぞれの組織に深く入り込んでいた二人だったが、やがて、警察、マフィアとも内通者の存在に気づき…。死と隣り合わせになった男たちの攻防をスリリングに描き大ヒットしたクライム・サスペンス。ハリウッドからも注目され、リメーク作品「ディパーテッド」は2006年のアカデミー賞で4部門に輝いた。

<作品情報>
(原題:無間道/INFERNAL AFFAIRS)
〔製作・監督・撮影〕アンドリュー・ラウ(劉偉強)
〔監督・脚本〕アラン・マック(麥兆輝)
〔脚本〕フェリックス・チョン(莊文強)
〔撮影〕ライ・イウファイ(黎耀輝)
〔音楽〕チャン・クォンウィン(陳光榮)
〔出演〕アンディ・ラウ(劉徳華)、トニー・レオン(梁朝偉)、アンソニー・ウォン(黄秋生)、エリック・ツァン(曾志偉)、ケリー・チャン(陳慧琳) ほか
〔2002年・中国(香港)〕

『インファナル・アフェア 無間序曲』
1月29日(火) 午後9:00~11:01

マフィアのボスの命令で警官となったラウと、マフィアに潜入した捜査官ヤンの攻防をスリリングに描いた大ヒットクライム・サスペンスの第2作。若き日のラウとヤンにスポットをあて、スパイとして生きなくてはならなくなった彼らの苦悩と、その背景が描かれていく。1991年、警察学校の主席として未来を嘱望されていたヤンの元に届いた父親の訃(ふ)報。それは彼の運命を大きく変えるものだった…。

<作品情報>
(原題:無間道II/INFERNAL AFFAIRS II)
〔製作・監督・撮影〕アンドリュー・ラウ(劉偉強)
〔監督・脚本〕アラン・マック(麥兆輝)
〔脚本〕フェリックス・チョン(莊文強)
〔撮影〕ン・マンチン(伍文拯)
〔音楽〕チャン・クォンウィン(陳光榮)
〔出演〕エディソン・チャン(陳冠希)、ショーン・ユー(余文樂)、アンソニー・ウォン(黄秋生)、エリック・ツァン(曾志偉)、カリーナ・ラウ(劉嘉玲) ほか
〔2003年・中国(香港)〕

『インファナル・アフェアIII 終極無間』
1月30日(水) 午後9:00~10:59

香港を舞台に、警察、マフィア双方から送り込まれたスパイの攻防を描いた、クライム・サスペンス三部作の最終章。物語の舞台は第1作から10か月後の香港。ラウは、警察官として生きるべく、自らの手でまだ署内にいるマフィアのスパイを検挙するため奔走する。そんな中、彼は潜入捜査官ヤンが通っていた女性精神科医と会う。彼女が保管していたヤンのカルテを読んだラウは、いつしか自分と彼を重ね、心乱れていく…。

<作品情報>
(原題:無間道III 終極/INFERNAL AFFAIRS III)
〔製作〕カオ・フォンチュン(高鳳俊)
〔製作・監督・撮影〕アンドリュー・ラウ(劉偉強)
〔監督・脚本〕アラン・マック(麥兆輝)
〔脚本〕フェリックス・チョン(莊文強)
〔撮影〕ン・マンチン(伍文拯)
〔音楽〕チャン・クォンウィン(陳光榮)
〔出演〕アンディ・ラウ(劉徳華)、トニー・レオン(梁朝偉)、レオン・ライ(黎明)、チェン・ダオミン(陳道明)、ケリー・チャン(陳慧琳) ほか
〔2003年・中国(香港)〕

僕は、全て観ましたが、IIIは、明らかにⅠ,Ⅱと違うテイストで段々、主人公の心が壊れていき・・・
シリーズを通して観て初めて、無間道の意味が分かります。
同時に、『香港映画のすべて』なるものが、シリーズで放送されます。
カンフーや香港映画ファンは、要チェック!

最後に
『モーターサイクル・ダイアリーズ』
1月31日(木) 午後9:00~11:07

カリスマ革命家チェ・ゲバラの残した日記をもとに、若き日の彼がたどった南米大陸縦断旅行の模様を「セントラル・ステーション」のW・サレス監督が映画化。医学生エルネストは、親友のアルベルトとともに中古バイクにまたがって冒険の旅に出る。南米大陸を北へと走り続ける過酷な旅の中で、様々な人々と触れ合いながら、二人の心は成長してゆく。実際のゲバラの血縁にあたるロドリゴ・デ・ラ・セルナがアルベルト役を演じている。

<作品情報>
(原題:DIARIOS DE MOTOCICLETA)
〔製作総指揮〕ロバート・レッドフォード、ポール・ウェブスター、レベッカ・イェルダム
〔製作〕マイケル・ノジク、エドガード・テネンバウム、カレン・テンコフ
〔監督〕ウォルター・サレス
〔脚本〕ホセ・リベラ
〔撮影〕エリック・ゴーティエ
〔音楽〕グスターボ・サンタオラヤ
〔出演〕ガエル・ガルシア・ベルナル、ロドリゴ・デ・ラ・セルナ、ミア・マエストロ ほか
(2004年・イギリス/アメリカ)

チェ・ゲバラという人をよく知らないのですが、多くの熱狂的に支持する人がいる理由の一端が、この映画を観ると分かりました。

このシリーズは、不定期に行います。
また、僕がチェックしている作品以外にも沢山の映画が放映されております。

全ての放映作品を知りたいという方は、NHKオンライン|映画か「TV Taro 2008年2月号
icon」を。

TV Taro全国版」は、テレビという名がついていますが、ほとんど映画の情報で320円という安さです!!

雑誌定期購読サイトマグデリでは、「毎月注文」というサービスを提供しており、いつでも好きな時に購読をやめることができます。
詳しくは、雑誌定期購読(マグデリ)まで。
セブンアンドワイは、お近くのセブンイレブンで受け取り、お支払いをすれば、手数料や送料がかかりません。
ただ、検索してみたところ、扱っている地域版が限られているようです。

注意していただきたいのは、BS衛星映画劇場は、国会中継などでよく時間変更が行われます。
まめにNHKオンライン|映画をチェックを。

それでは、皆さん、よい年末年始を送りください。

ところで

街の~♪はずれ~の♪背伸びした路地を~♪
「ちょっとイカすバンドやんかー、あれ、新人バンド?」

答えは、細野晴臣(はっぴいえんど)でしたー。
風街ろまん
コッポラの娘、ソフィア・コッポラの『ロスト・イン・トランスレーション』にもかかっていたので逆輸入だろうなぁ。
ちなみに主演は、スカーレット・ヨハンソンです。
外国人が見た不思議な日本が描かれています。

Wii+Wii Fitセット追加販売中!!icon

人気ブログに参加しています!賛同していただければ、バーナーをクリックしていただければ幸いです。

にほんブログ村 映画ブログへ

人気ブログのバーナー

TOPに戻る

JUGEMテーマ:BS衛星映画劇場

Amazon.co.jp ウィジェット





LINEで送る
Pocket

今月(1月)、お薦めするBS放送” への23件のフィードバック

  1. I don’t even know how I finished up right here, but I believed this submit was once great. I do not know who you are however certainly you are going to a famous blogger in the event you are not already ;) Cheers!

  2. You are so cool! I do not think I have read through anything like this before. So good to discover another person with unique thoughts on this subject matter. Really.. thank you for starting this up. This web site is something that is needed on the internet, someone with some originality!

  3. I must say i experienced this article. I found this to be noticing next charged with one of a kind situations associated with attract. I enjoy comprehend things that produces me sense. Thank you designed for

  4. You’re so interesting! I do not believe I have read through something like this before. So great to find somebody with a few genuine thoughts on this issue. Seriously.. many thanks for starting this up. This website is one thing that is needed on the web, someone with a bit of originality!

  5. This design is spectacular! You obviously know how to keep a reader amused. Between your wit and your videos, I was almost moved to start my own blog (well, almost…HaHa!) Excellent job. I really loved what you had to say, and more than that, how you presented it. Too cool!

  6. Just desire to say your article is as surprising. The clearness in your post is just spectacular and i could assume you’re an expert on this subject. Fine with your permission allow me to grab your feed to keep updated with forthcoming post. Thanks a million and please carry on the gratifying work.

  7. I take place prying to determine i’m sorry? blog orderliness youre enjoying? Im undergoing more or less tiny collateral issues with my latest blog and Credentials love to hit upon a touch supplementary

  8. That is in reality fascinating, You are an extremely skilled blogger. Ive enlisted your rss give furthermore meet awake designed for searching for more regarding the famous position. What’s more, I have discussed

  9. ピンバック: website design
  10. ピンバック: carbon monoxide detector

コメントは受け付けていません。