管理人から皆様へお知らせ 今後のこのブログのことなど

投稿日: カテゴリー: 管理人からのお知らせ
LINEで送る
Pocket





この2005年の6月に始めた映画ブログは、映画について詳しく話してた友人が引っ越してしまったことを、最大の理由に、開設しました。
この2005年の6月に始めたブログから、書評レビューブログなど多くのブログが分離して旅立って行きました。

この映画ブログは、読んでくださっているみなさまには、どう捉えられているかわからないのですが、コアな映画ファンを含めリアル知人には、好評でした。
自分も結構、書いていて楽しい時期もありました。

2009年4月11日にアップしたポール・ハギス監督『告発のとき』~ちまたある戦争映画とは一味違う~ を 最後に勝手にブログの更新をやめてしまったのですが、更新をやめてしまった最大の理由は、自分の書いてるレビューが、キネ旬ら単なる映画ファンが、そのま ま自称・映画評論家となった人々と同様に、「僕も、単にストーリーに関してだけしかレビューできてないなあ。」とハタと気づいてしまったことが原因です。

この記事も3年ぶりの更新です。

映画は、ストーリーだけで構成されているわけではありません。
勿論、黒澤明らが言うように『いい脚本からしか、いい映画はできない。』『一にも二にも脚本』なのですが、何も映画は、ストーリー(脚本)から構成されているわけではありません。
ショット、語り口、記憶に残るセリフ、映画音楽、美術、照明などなど、映画を「第九芸術」と呼ぶ所以です。




現在、『フィルム・アート -映画芸術入門-』(モバイル:『フィルム・アート -映画芸術入門-』)や『映画技法のリテラシー〈1〉映像の法則 ([1]映像の法則)』(モバイル:映画技法のリテラシー〈1〉映像の法則 ([1]映像の法則))などによって、非常ぬゆっくりとしたテンポですが勉強中です。

ただ、僕の映画の愛は止み難く、現在は、Google+を中心にですが、時折、投稿してたりします。

僕の興味は雑多ですが、良ければフォロー、お願いします。
Kazuo Ito (togusa) – Google

このブログも、ホントは更新するつもりはなかったのですが、【感想】【批評】と大上段に構えずに、「自分の気なる映画を紹介」という軽い気持ちで、アップ出来ればと思います。

勿論、時には、【批評】じみたことにもチャレンジ出来ればと考えてます。

では。





LINEで送る
Pocket

Comments

comments