映画情報洋画

2009年映画公開作、最新情報 洋画編 その1

LINEで送る
Pocket

年が明け、はや1ヵ月半が過ぎようとしています。
正月第1弾は、『チェ』が話題となりましたが、全体的にパッとしない結果になっています。
暗い世相ですが、銀幕の世界くらいは、明るく楽しく、そして面白くありたいものです。
さて、2009年の映画界は、どんな世界が話題を呼び、賞をかっさらうでしょうか。
TV Taro 新春特大号
icon」の特集から抜粋して、今年の映画界を占ってみます。


まずは、銀幕のスターといわれる人々が出演する作品の紹介から。
今年、一番活躍しそうなのが、ブラッド・ピット。
デビット・フィンチャーと再びタッグを組んだ、すでに公開されている『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』。
80歳で生まれ、0歳で死んだ男を描いた摩訶不思議な短編小説を映画化した作品である。
さらにコーエン兄弟が最初からブラピにキャスティングを当て込んで脚本を書いた犯罪コメディ、『バーン・アフター・リーディング』は4月公開。
この作品の脚本を貰ったブラッド・ピットは、ほんとにこの役を自分が演じるの!とビックリのハチャメチャにぶっ飛んだ役だという。
ほかに、既にテレンス・マリックの寓意的なファンタジー『ツリー・オブ・ライフ』を撮影を終了し、クエンティン・タランティーノの新作『イングロリアス・バスターズ』の撮影に入っているという。
まさに、ブラピの動向に目が離せない1年となりそうだ。

続いて、最近の大活躍により、映画ファン以外の一般の人々にも認知されてきたジョニー・デップ。
ティム・バートン版『不思議の国のアリス』で帽子屋に扮して、現在、撮影中。
ほかに今年の公開が予定されている作品は、大恐慌時代に“民衆の敵”と呼ばれたギャング、ジョン・デリンジャーとFBIの姿を描いたマイケル・マン監督の犯罪サスペンス、『パブリック・エネミーズ(原題)』。
ジョニデは、ジョン・デリンジャー役を熱演。
それと、ヒース・レジャー急逝のため完成が危ぶまれていたテリー・ギリアム監督の『The Imaginarium of Dr. Parnassus』が、ジョニー・デップはじめジュード・ロウ、トム・ウェイツなどの俳優たちが協力を申し出ることで完成を迎えることができました。
内容は、サスペンス・ファンタジーとなっているそうで、ほかにコリン・ファレルが出演。

そして、奇行が目立ち、最近、影が薄くなったトム・クルーズの『ワルキューレ』。
国を愛し、己の信念を貫くため、独裁者ヒトラーの暗殺計画を指揮した将校、クラウス・フォン・シュタウフェンベルクを主人公にすえた実録歴史サスペンス。
製作総指揮も兼ねたトム・クルーズがドイツ軍人魂を浮き彫りにする。
監督は、ブライアン・シンガー。
ケネス・ブラナーが共演しているところをみると、本格劇であることが予想される。

キアヌ・リーブスは、『ブラック・ダリア』の原作者である人気作家ジェイムズ・エルロイが脚本を手がけた、ハードな犯罪サスペンス『フェイク シティ ある男のルール』(2月14日公開)で新境地に挑戦!!

そして、最後の出演作になるかもしれないクリント・イーストウッドは、『グラン・トリノ』(ゴールデンウィーク公開)で偏屈な元軍人を演じる。
芸達者なショーン・ペンが、選挙当選後にゲイであることを公表した実在のサンフランシスコ市会議員・ハーヴェイ・ミルクを演じる『ミルク』は、GW公開。
監督は、ガス・ヴァン・サント。

女優に目を転じれば、アンジェリーナ・ジョリーの熱演が話題となっている、実在の事件を基にした社会はサスペンスであるクリント・イーストウッド監督『チェンジリング』は、2月20日公開。

続きは後日に。お楽しみに!!

WOWOW:【e割】ネット手続きで翌月末まで1,200円で見放題!!
スカパー!チューナー購入不要!標準取付け工事無料
今なら16日間無料で見られます! スカパー!e2簡単申込 
動画を見るなら「GyaO 光」キャンペーン実施中!
セブンアンドワイのセブン-イレブン受取りなら送料0円!

ほかの映画ブログもチェック!!
人気ブログに参加しています!賛同していただければ、バーナーをクリックしていただければ幸いです。
にほんブログ村 映画ブログへ

人気ブログのバーナー

TOPに戻る

LINEで送る
Pocket