未分類

コーエン兄弟のギャング映画の最高傑作「ミラーズ・クロッシング」





ミラーズ・クロッシング スペシャル・エディション
ミラーズ・クロッシング スペシャル・エディション

注)ご購入を検討の方は、画像をクリックしてください。
コーエン兄弟の映画はいずれもクオリティが高く、ほとんど観ています。
中でもこの「ミラーズ・クロッシング」(1990)は出色のできです。
トップシーンは、「ゴットファザー」を思わせるような出だしですが内容は全然違います。

1929年、アメリカ東部の町二つの勢力が暗黒街でシノギを削っていました。この映画は、そんな時代のアイルランド系とイタリア系ギャングの抗争を描いた作品です。そこには練り込まれたストーリーがあります。


アイルランド系のボスの片腕、ガブリエル・バーンはボスの情夫と関係を持っているのですが、その事を告げ、アイルランド系のギャングを追放されます。そして、イタリア系ギャングに寝返る訳ですが、ボスの片腕が納得しません。忠誠心の証拠としてミラーズ・クロッシングでバーニー(情夫の弟;ジョン・タトゥーロ)殺害を命じられたガブリエル・バーンだが、殺したと見せかけバーニーを逃す。他の仲間は、殺したものと思い、信用を勝ち得ます。ここから、ギャングの抗争は激化していきます。




ラスト、ガブリエル・バーンがアイルランド系のギャングを裏切った真の目的が明らかになります。また、ここでは紹介し切れませんが、ストーリーはもっと複雑です。また、役者も配役に合った曲者揃いです。

また、本当にジョン・タトゥーロを殺害したのかどうかミラーズ・クロッシングにボスの片腕がガブリエル・バーンを引き連れて森の中を行くシーンや情夫がパブの窓をバックにピストルをガブリエル・バーンの首に突きつけ、弟を殺したのかどうかを迫るシーンではセリフを含めて映画史に残るような名シーンです。また、アイルランド系のボスが大音量で僕の好きな「ダニーボーイ」がかかる中、ギャングらに襲撃されるシーンも逸脱です。

他にもコーエン兄弟のユーモアが所々に詰まった作品となっています。
ラストの情夫がガブリエル・バーンを無視して通り過ぎるシーンは名作「第三の男」へのオマージュになっています。

トグサ的評価:★★★★★

プチッと押してください。
人気ブログのバーナー





Comments

comments

コーエン兄弟のギャング映画の最高傑作「ミラーズ・クロッシング」” への20件のフィードバック

  1. I was questioning if you endlessly thought of varying the layout of your internetsite? Its vastly anyway on paper; I fondness what youve bought to utter. Excluding possibly you possibly can somewhat extra in the paramount sense of pleased substance as a result people might connect with it better. Youve acquired an terrible allocation of textual pleased representing less than having 1 or two imagery. Probably you might house it outdated better?

  2. コメントありがとう^^
    僕はボスが襲撃されるシーンに流れる、スタンダードの曲”ダニー・ボーイ”と主人公、演じたガブリエル・バーンが好きになりました。

  3. 面白い映画です。
    私の好きなスティーブ・プシューミも出ているし。
    アイルランド系のボスが襲撃されるシーンは圧巻です。
    全部を通して描かれる、主人公のクールさが素敵です!