未分類

「スター・ウォーズ」が史上最高の映画音楽に選ばれる





アメリカン・フィルム・インスティテュート(AFI)が映画史上に残るサウンドトラック・ベスト25を発表した。250曲の候補の中から、映画関係者やミュージシャン、歴史学者など500名余りの有識者の投票によって第1位に輝いたのは、ジョン・ウイリアムズが作曲した77年の「スター・ウォーズ」。ジョン・ウィリアムズは他にも、6位に「ジョーズ」、14位に「E.T.」がランクインし、最多受賞を獲得している。トップ10は以下の通り。
1. 「スター・ウォーズ」(77) ジョン・ウィリアムズ
2. 「風と共に去りぬ」(39) マックス・スタイナー
3. 「アラビアのロレンス」(62) モーリス・ジャール
4. 「サイコ」(60) バーナード・ハーマン
5. 「ゴッドファーザー」(72) ニーノ・ロータ
6. 「JAWS/ジョーズ」(75) ジョン・ウィリアムズ
7. 「ローラ殺人事件」(44) ビッド・ラクシン
8. 「荒野の七人」(60) エルマー・バーンスタイン
9. 「チャイナタウン」(74) ジェリー・ゴールドスミス
10. 「真昼の決闘」(52) ディミトリ・ティオムキン




MSN エンターテイメント -映画- [ニュース&噂]





Comments

comments