その年のベスト邦画

キネマ旬報2005年度日本映画ベスト10発表

LINEで送る
Pocket





第1位 「パッチギ!」 井筒和幸監督
パッチギ ! スタンダード・エディション
パッチギ ! スタンダード・エディション
注)購入を検討の方は画像をクリックしてください。

この映画は素晴らしい。笑いあり、涙ありで最後に考えさせられます。
昔から日本映画がテーマとしてきていた“在日”の問題に取り組んでいます。娯楽作としても非常によく出来ています。
この映画で僕は井筒監督のファンになりました。


第2位 「ALWAYS 三丁目の夕日」 山崎貴監督
ALWAYS三丁目の夕日
ALWAYS三丁目の夕日
注)購入を検討の方は文字をクリックしてください。

この映画が何故にこれほど高く評価されているのかがわかりません。ノスタルジーが良かったのだろうか?
いずれ自分の目で確かめたいと思います。

第3位 「いつか読書する日」 緒方明監督
いつか読書する日
いつか読書する日

この映画の情報を僕はほとんど持っていません。したがってコメントのしようがないです。

第4位 「メゾン・ド・ヒミコ」 犬童一心監督
メゾン・ド・ヒミコ 特別版 (初回限定生産)
メゾン・ド・ヒミコ 特別版 (初回限定生産)




ノリに乗っているオダギリ・ジョーと柴咲コウの出演作と来れば観ない訳にはいかないなあ。

第5位 「運命じゃない人」 内田けんじ監督
運命じゃない人
運命じゃない人

この映画も全く情報を持っていないのでコメントは避けます。

第6位 「リンダ リンダ リンダ」 山下敦弘監督
リンダリンダリンダ
リンダリンダリンダ

えらく高く評価されているんだなあ。

第7位 「カナリア」 塩田明彦監督
カナリア
カナリア

オウム真理教をテーマにした、ぜひ、観たい映画の一つです。

第8位 「男たちの大和/YMATO」 佐藤監督

角川映画は80年代、日本映画を引っぱっりましたが、基本的に好きではない製作事務所です。
この映画は、評論家の評価もまずまずで観客にもおおむね好評ですが多分僕は見ないでしょう。

第9位 「空中庭園」 豊田利晃監督
スキャンダルがあったけど、是非観てみたい映画です。

第10位 「ゲルマニウムの夜」 大森立嗣監督
この映画も気になる映画ですが、情報をほとんど持っていません。

<総評>
1位の「パッチギ!」は文句ないのですが、何故「春の雪」がランクインしていないのか不思議です。
全体的に新人監督、新進監督が活躍した年ではないでしょうか。

プチッと押してください。
人気ブログのバーナー





LINEで送る
Pocket